アトピーに効いたのはどのお茶だった?


アトピー性皮膚炎は3歳~の発症が最も多く、20代後半まで長引くこともある悩ましい症状です。病院から処方される薬で様子を見る、といった治療法が一般的ですが…

処方される抗ヒスタミン剤やステロイドは即効性の裏に副作用のリスクが隠れています。

自分はともかく、我が子にもっと安全なアトピー治療法はないの?と悩む親は多いと思います。ここでは実際にアトピーの子供を持つ親の体験談を、解説を交えながらお話ししていきます。

アトピーに効果があったお茶ランキング


アトピーにはお茶が効く…。インターネットで調べまくってたどり着いた治療方法の一つですが、こんなに身近なものがアトピーに効くとは思っていませんでした。

我が家の3歳になる子供のアトピー改善にさまざまな薬や保湿剤を使ってきたものの、薬は副作用が、保湿剤は気休め程度の効果しか得ることができませんでした。

「副作用なしで、続けやすく、体の中から改善できる」

それがお茶らしいので、効きそうなお茶を片っ端から試していきました。以下は子供に飲んでもらったお茶の中でアトピー(かゆみや炎症など)への効果がより早く見込めたものをランキングにしています。

1位:田七人参茶

 

漢方として有名な高麗人参の7倍のサポニンが含まれている田七人参をすりつぶしてお茶にしたものです。

私が使用したのは「白井田七。茶」という緑茶と田七人参茶がブレンドされたもの。緑茶が大好きな我が子にピッタリだったので継続しやすく、1週間ほど毎日飲み続けるとかゆみが、2ヵ月ほど飲み続けると炎症が治まってきました。

追記:我が家は緑茶のブレンド(緑茶味)で飲んでくれましたが、田七人参茶だけの味はクセがあるようです。

2位:柿の葉茶

柿の葉に含まれるアストラガリンがヒスタミンを抑えて、アトピーのかゆみを沈めるといわれています。

スーパーで購入して子供に飲ませたところ、3週間ほどでボリボリ搔かなくなりました。ただ、子供の好みの味ではなかったこと、作って冷まして…という手間があり、途中で断念。大人であれば続けやすいかもしれません。

3位:ルイボスティー

アトピー性皮膚炎の原因となる過剰な活性酸素を除去してくれる効果が高いとされています。

ちまたのブログなどでは一番おすすめされていたお茶がルイボスティーでしたが、我が子は初めの一杯を最後に飲まなくなってしまいました…。冷ましても飲んでもらえなかったので続けることが不可能でした。

一番続けやすかったのが白井田七。茶だった


田七人参茶にはいくつか種類がありますが、我が家の子供に一番効果的だったのが白井田七。茶でした。その理由は続けやすさです。

白井田七。茶は緑茶と田七人参茶のブレンドで味は緑茶、粉末になっていて、冷やした水を入れたペットボトルに入れて振るだけで簡単に作ることができますので、家でも散歩にも旅行にも持ち歩くことができます。

緑茶好きな子供で、さらに熱いお茶は飲めないため冷たいお茶を手軽に摂りたいならおすすめします。

アトピー体質改善のカギは漢方×お茶だった!


我が家の子供のアトピーに一番効果的だった田七人参茶は、田七人参という生薬が配合されています。

田七人参にはおもにアトピーの湿疹や炎症を起こすヒスタミンを抑制する効果、活性酸素の発生を抑える効果、免疫力を上げる効果があります。

飲みやすかったという理由もありますが、他のお茶と比べると、圧倒的に効果が高かった気がしました。

漢方に副作用はないの?

漢方は医薬品の一種として病院でも処方してもらうことができます。薬というと副作用の心配がありますよね。

調べたところ、田七人参は漢方薬の中でも「上薬」といって長期間服用しても人体に害を起こさないものらしいです。ただし、アトピーに至っては「好転反応」という副作用に似た症状が出る場合がまれにあるみたいです。

お茶の効果だけではアトピーは改善しない?


お茶の種類にもよりますが、お茶には少なからずアトピーに効果的な成分が含まれているようです。我が子が大好きな緑茶ならカテキンやビタミンCがアトピーに効くと。

ただ、実際に緑茶を毎日飲んでいた子供でもアトピーが発症しましたし、それでも緑茶だけ飲み続けてアトピーが完治した、ということはありませんでした。

アトピーはストレスや体質、遺伝など複数の原因が絡み合って発症します。また、ハウスダストや排気ガスなどの環境にも影響されやすいです。

原因が特定しきれないため、他の人がお墨付きのアトピー完治方法が自分にも通用するとは限りません。(医薬品の使用の場合を除く)

漢方がもつアトピーの治療効果とは?


漢方薬でもある田七人参が持つアトピーへの治療効果は3つあります。

チェック 田七人参の成分の効果

  • デンシチン…血小板を増やして炎症を抑える、ヒスタミンを抑制する
  • フラボノイド…活性酸素の発生を抑える
  • 有機ゲルマニウム…免疫力をアップさせアレルギー症状を抑える

ストレスや体質など原因が特定しにくいアトピーですが、かゆみや炎症は、原因に対して体が過敏に反応してしまうことから起こります。

過敏反応を抑えることができるため、幅広いアトピーの原因にも動じない体を作るのが田七人参の効果です。

市販/通販で購入できる田七人参茶まとめ


柿の葉茶やルイボスティーは知名度も高く、スーパーやドラッグストアで購入できそうなイメージがありますが、田七人参茶を知っている人は少ないかもしれません。

調べたところ、店頭にはほとんどどこにもなく、通販でもわずか2件のみ。ここでは、2017年時点で購入できる田七人参茶をまとめています。

白井田七。茶(さくらの森)

無農薬有機栽培で作った静岡県向島園産の高級粉末緑茶、同じく無農薬有機栽培の国産田七人参(白井田七人参)をブレンドした田七人参茶です。

茶殻ごと粉砕しているので栄養分すべてを摂取できます。粉末タイプのため水のペットボトルに入れて振るだけですぐに作れて持ち運べる利便性があります。

田七人参茶(山本漢方製薬)

ハブ茶、ウーロン茶、玄米やハトムギなど5種類の天然野草をブレンドした田七人参茶です。

ティーバックから越して飲むタイプのため、すべての栄養を摂取することはむずかしいですが、価格競争があるため、白井田七。茶よりも比較的安価で購入することができます。

田七人参茶の詳細はこちら>>